2008年01月31日

『エネルギーの法則』について

このたび、本格的にライトワーカーをお仕事として、開始するに当たって、有料のメニューなどを設定していくことになります。

その前に、私の思いをきちんとお伝えしておきたいと思います。

ヒーリングや、チャネリング、エネルギー伝授といった、『目に見えないもの』を扱っていると、わかりにくい部分もありますが、全て、エネルギーを使い、エネルギーを受け手の方に送るという性質のものです。

『目に見えないもの』の価値をどのように判断するか、とてもデリケートな問題だとは思います。


この世の中、この宇宙は、総てエネルギーで出来ていて、総てエネルギー交換によって成り立っています。

かわいいこれを、『エネルギーの法則』と呼んでいます。

何かを得る時には、何かを返さなくてはならないのです。ギブアンドテイクの法則ですね。

そして、お金というのも、エネルギーの1つなのです。

そして、エネルギーは循環させるものなのです


目に見えるものを購入するとなれば、そのエネルギーの受け渡しを明確に意識することが出来ますが、『目に見えないもの』となると、不信に感じる方が多いのも、事実だと思います。

位置情報例えば、お給料という形の『お金エネルギー』を考えてみると、わかりやすいと思います。
『労働』のために、エネルギーを費やした対価として、皆さんは、『お金エネルギー』をお給料という形で受け取っています。『労働』という『目に見えないもの』に対するエネルギーを会社やお店に与えることで、『お給料』という『お金エネルギー』を受け取っているのです。

かわいいエネルギー交換は、対等な交換でないと、受け取り手が十分に受け入れられない結果になるものです。

例えば、自分が労働に費やしたエネルギーに対して、対等でないと感じる『お給料』だった場合、労働に対する意欲が薄れ、『お給料』を支払う会社やお店に対しての、不満が募り、仕事を怠けたり、やめてしまったり、など、会社やお店としては、『お給料に見合っただけの労働エネルギー』しか受け取れない形になってしまうと思いませんか?


私の行なう、ヒーリングや、チャネリング、そして、エネルギー伝授などについても、私自身のエネルギーを費やしてエネルギーワークの設定をしたり、時間を費やすことをします。また、私自身を媒体として提供するために、私自身のエネルギー状態を安定させるための自己調整なども行ないます。そうすることで、光のエネルギーを送ることが出来るのです。

一方的に、私自身がエネルギーを使用しているだけでは、『エネルギーの法則』は成り立ちません。

一方通行のエネルギーの流れでは、解決する問題も、解決しないままで、受け取る方も、しっかりと受け取れないままになってしまいます。
こちらから送るエネルギーに対して、対等と思われるエネルギーを返していただくことで、受け手の方にとっても、充分なエネルギーを受け取っていただくことが出来るのです。

かわいい頂いた価値の分だけ、エネルギーを受け取っていただける…『エネルギーの法則』なのです。

ですから、例えば、『モニター企画』などといった形の場合は、エネルギーを送るお返しに、『感想』を書いたりするために費やすエネルギー等を返していただくことで、『エネルギーの法則』が成り立つのです。

また、料金を設定しているものに関しては、私自身が送り手となって、受け手の方にそれだけの価値のあるものを送ることが出来る、または、それだけのエネルギーを費やすということを、考慮の上、設定している金額です。
また、なぜ、その金額である必要があるのかということについては純粋にそのエネルギーやエネルギーワークに対する価値であり、それをお金というエネルギーで受け取ることで、相応のエネルギー交換が成立するのです。

このような考えをご理解いただければ、幸いです。

また、エネルギーというものは、どんどん変化していくものでもあります。
私自身のエネルギーの変容により、ワークの内容や、価格に変動があることも、あり得ますことを、ここに明言しておきます。
posted by トトラ☆ at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルの扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

雲消し

誰でもが、スピリチュアルといわれる能力を持っているのです。
ただ、それを信じられない人も多いでしょう。

自信の無さが、ブロックになって、なかなか一歩を踏み出せない人もいるでしょう。

誰でもが、能力を持っていることを、簡単に実感できる方法があります。

『雲を消す』のです。曇り

『疑いの気持ち』を持っていると、強力なブロックとなって、上手くいきません。ここは、だまされたと思って、一度、純粋な気持ちで試してみてください。

必ず、出来ます。

誰でも、出来ます。

ずーっと以前、世の中の仰天人物みたいな人を紹介する番組で、馬鹿にしたように、ちょっと変わった老人が『雲を消して見せる』と、言っていると言って、取材に行くという内容がありました。
内心、誰でも出来るのに…と、思って見ていましたが、残念ながら、そのとき、その老人は雲を消せずに終わり、馬鹿にされたように笑いものになってしまっていました。
確かに、風変わりな老人でしたが…
その時は、少し、後味が悪く感じました。ふらふら
このような、事象を、わざと、面白おかしく茶化すように放送し、多くの人に、そのような発想はばかげたことで、ありえない事だと、思い込ませるために、このような番組が作られている場合もあります。

それは、少しでも、光のポジティブなエネルギーによって導かれる世界がくるのを遅らせようとする、ネガティブなエネルギーの影響もあるのです。

ライトワーカーと呼ばれる仕事をしている存在は、時に、大きな妨害や、マスメディアなどの多くの人に影響力のある媒体を通して、谷底に落とされることが多々あります。
何を、信じて、役割を果たしていくかは、それぞれの人が決めることですが、願わくば、光のエネルギーによって導かれることを望みます。

話は、それてしまいましたが…

ひらめき『雲は消せるのです。』

だまされたと思って、やって見てください。
自分にも、エネルギーを動かせるのだということが、わかります

出来れば、晴れている空に、綿菓子のような白い雲がぽっかり浮いているような、あまり、風の無い日に試すと、わかりやすいです。

1つ、消したいと思う雲に、ターゲットを絞ってください。
最初は、小さめの雲で試すといいですよ
慣れてくれば、少しずつ、大きくしてみてください。

ターゲットの雲に集中しながら、
『私は、あの雲を消すことが出来ます。
 私に、雲を消す力を与えてくれてありがとうございます。
 ありがとうございます。私は、あの雲を消すことが出来ます。』
と、念じてみてください。
『ありがとうございます』という、感謝の言葉を忘れないでください。
それから、若干の集中力は必要です。が、あまり、力まないで、素直に、消えると信じてください。

しばらくすると、溶けるように雲が消えていきます。

本当に、溶けるように・・・

自然現象も、エネルギーの一つです。そして、あなたも、エネルギーの一部です。
そして、誰でも、エネルギーを使うことが出来るのです。
自信をつけるため、本当かどうか確認するため…
試して見てください。


まったく、エネルギーワークをしたことの無い方が、試して見るのも良いですし、
レイキなどを学びながらも、本当に、自分がエネルギーを扱えているのか不安な方が、自信をつけるためにも、良いでしょう

自分のエネルギーが弱まっていると感じるときや、
単に、集中力を高めたい時に試して見るのも、良いかもしれません。

ちなみに…
私が今まで、このお話しをして、実際にやって見知人で、出来なかった方は、まだ、一人もいないんですよ!

posted by トトラ☆ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルの扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エネルギーの伝授(アチューンメント)について

様々なエネルギーワークがあります

女神や天使たち、アセンデッドマスターたちなどのエネルギーの伝授もあります。

宗教を超えた、高次の存在たちのエネルギーやサポートを受けて、自分や周りの人々を癒したり出来ると、説明されていますね。

でも、果して、そんなに沢山のエネルギーに精通することが出来るのか…とか、キリスト教でもないのに、天使とか、イエスキリストとか、マリアとか…
仏教でもないのに、観音とか…本当に理解できるのか…

そんな疑問を持たれる方も居るかもしれませんね。

これは、あくまでも、私の持論ですが…

まず、スピリチュアルな観点から言えば、『宗教』という枠組みは存在しないのだと思います。『宗教』と言う形で、様々な思想がありますが、釈迦や仏陀、イエスキリスト、などなどの開祖の教えと言うのは、共通する点が多々あります。一神教に限らず、多神教にしても、同じです。ローマ神話、ギリシャ神話、ケルト神話、スカンディナビア神話などなど…共通点、酷似点が多々あります。そして、共通の教えがあるのに気づくはずです。

伝承が、世を越えて伝わるうちに、解釈の仕方の相違で、様々な流派に分かれてしまっていきますが、本来の原点は全て、同じところにあると思います。

そして、キリスト教で言うところの天使たちやイエスキリスト、多神教の神々、仏陀に釈迦などなどの高次の存在の呼び方は、あくまでも、様々な高次のエネルギー体の識別呼称でしかないのです。

三次元世界で様々な体験をしてきている私たちが、その体験の数々の由来により、そのエネルギーを、キリスト教系の呼び名の方が受け入れやすいとか、仏教系の方がわかりやすいとか、そういう違いでしかないのではないかと思います。

ですから、伝授してもらうことの出来るエネルギーの中には、同じような目的を持ったエネルギーも違う存在の名前で存在していることも、あるのです。

要は、使い手が、今の自分にとって、受け入れやすく、理解しやすい、また、必要としていると感じるエネルギーを選んで、あくまでも、自分の成長や役割を果たすためのツールとして利用していけばいいと思うのです。

当然、『宗教』と言うのは超えたものですから、キリスト教系のエネルギーと仏教系のエネルギーを同時に使ったとしても、なんら、不都合はありません。

高次のエネルギーたちの存在する次元は、同じ1つの宇宙の一部ですし、皆同じ目的を持って、三次元世界の私たちのサポートをしているのですから、不協和音を奏でることは無いのだと思います。
posted by トトラ☆ at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルの扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

色々なヒーリングがあるみたいだけど…

ヒーリングやチャネリングのやり方に、『こうでなければいけない』という、厳格な決まりはありません。

レイキやその他のヒーリング手法として伝授されて伝わっている形式は、1つの指針であって、それぞれの人の進化度や、特性によって、その活用方法はバリエーションがあるものだと思います。

1つ決まりがあるとすれば、そのヒーリングやチャネリングによる『癒し』などが、宇宙の真理である『愛』に基づいているかどうかということだと思います。

純粋な愛に基づいてエネルギーワークを続けている限り、光の存在たちからのサポートにより、その人のエネルギー状態も変容し、必要な情報を受けて、さらに色々と発展していくものだと思います。
つまり、出来ることも、思い出していけるということです。
posted by トトラ☆ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルの扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒーリングって何?

ヒーリングって何?どういうことをするの?どんな風に感じるの?

初めて、接する方は、不安であったり、疑問を持ったりするでしょう。

ヒーリングを訳せば『治療・治癒』ですが、スピリチュアルヒーリングは、身体的にも、精神的にも、どちらにも働きかけます。

『病は気から』と、言いますが、体に出ている症状には、重症であろうが軽症であろうが、実は、エネルギーの状態が原因のことも多々あります。それが、癌であってもです。

『気』を取り扱う、気孔も、スピリチュアルなヒーリングの手法の一つですね。
『気』とは、すなわち、エネルギーのことです。『病は気から』の気は、思考エネルギーのことですね。

何度もいいますが、手法や呼び名はあまり関係ないのです

ただ、エネルギーは、三次元的には見えないものなので、受け取る感覚はそれぞれの人によって変わってきます。

ただ、『疑いの気持ち』を持っていると、受け取りにくくなります。その『気持ち』が、ネガティブなエネルギーとして、ヒーリングを受ける際のブロック(バリア)になってしますからです。
ヒーリングなどを受け取るときは、純粋に『良いエネルギーを受け取りたい、受け取れる』といったポジティブな気持ちを持っていたほうが、エネルギーが流れやすくなります。また、『良い』というのがポイントで、そう思うことで、逆にネガティブなものをブロックできるので、自分をプロテクトできるものなのです。

思考もエネルギーなのです。

ただ、三次元の世界に住んでいると、『すべてを手放しに信じる』ということが難しいと感じてしまう方もいると思います。

慎重さは必要です。
エネルギーには、時にネガティブなものもあります。『悪霊』とかと、『心霊』とかは、ネガティブなエネルギーの良い例です。『いやな気がする』というのも、ネガティブなエネルギーを感じていることです。
チャネリングなどで、ネガティブな存在が出てきてしまうこともあります。

だからこそ、慎重さは必要で、鵜呑みにするのではなく、『心の声』に従って、「なんだかおかしいぞ…」と感じるときは、そのエネルギーのいるべき場所に『お帰り願う』ことも必要です。

だからこそ、プロテクト(身を守ること)も必要です。
精神性(スピリチュアルな精神)を訓練すれば、ネガティブなエネルギー(波動)を感知できるようになるので、ネガティブを感じたら、受け取らない、寄せ付けない、ということが出来るようになります。
そう、思うだけでも思考エネルギーが働いて、出来るのです。

始めは、それさえも難しいことと感じるかもしれませんが、実は、誰でも、コツさえ分かれば出来ることです。
エネルギーの感覚を覚えるために、ヒーリングを受けたり、エネルギー伝授などを受けてみることで、それを意識していくといいかもしれません。

ある時、「何だ!(私でも)わかってたんだ!!」と、思うでしょう。
ヒーリングって何?続き>>
posted by トトラ☆ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルの扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

スピリチュアルって…?

『スピリチュアル』と言うと、とても不思議な現象の事だと、とらえる人もいる

超常現象…常にある状態を超えた現象

では、常にある状態とは?

何を基準に、常にある状態なのか?

あくまでも、三次元に肉体を持って生きている人間の三次元的発想と、概念によって、決めつけている、『あるべき』状態のことなのではないか?

科学者は、現実的で、証明出来ることしか信じないと、断言する方もいるようだが、では、科学的な新発見があるのは、なぜ?
それまで、証明されていなかったから、信じなかったけど、三次元的に証明されたから、今度から信じます…と言うことか?

三次元世界に生きている人間にとっては、概念上の新発見かもしれないが、その『新発見』は、今までも、これからも、変わらずそこに存在しているものではないのか?

新しいと言うのは、一部の興味を示して、何としてでも、三次元的な理由付けをしたかった存在にとっての感覚でしか無いのではないか?

大自然や、宇宙にとっては、『常に』存在している現象や事象なのである

三次元世界に生きている人間にとっては、知らないことや、まだ理解が出来ないことは、たくさんある

その、理解を超えた現象が、超常現象と呼ばれているが、大自然や宇宙にとっては、超では無いのではないか?


『スピリチュアル』と言われている概念、現象は、常に、大自然や宇宙に存在するエネルギーとそれらとの交流のこと
そして、それに伴って現される現象のこと

決して、特別でも超常でも無いことなのです。

誰もが、本来は感じたり、使ったりすることができることなのです。

ただ、その方法やコツを覚えているか、いないかの違いだけなのです。

誰でもが、それを思い出すことができるよう、一足先に、その記憶を取り戻した人たちが、様々な方法で、メッセージを伝えたり、体現したりしているのです。
posted by トトラ☆ at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアルの扉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。